第2工場・事務所前アスファルト工事のため、ご来社時の迂回をお願いします。



本日12月14日(月)から18日(金)にかけまして、当社第2工場の事務所前スペースの
アスファルト張替工事を行っています。

ご来訪頂きます、お取引様、納入業者様、年の瀬に大変ご不便をおかけしますが、
通常の西進入路からではなく、迂回していただき、南側進入路から
ご来訪頂きますようご協力お願い致します。

コロナ禍の2020年でしたが、気分一新2021年を気持ちよく迎えられるよう
今できること、今後に向けての準備を鋭意進めて参ります。

今後とも何卒よろしくお願い申し上げます!


ダイヤモンド社『レガシー・カンパニー5』に当社記事が掲載されました!


 ダイヤモンド社から10月27日発刊されました書籍『レガシー・カンパニー5』に当社も取り上げて頂きました!

錚々たる企業様30社に混じり、当社についても6ページの記事が掲載されております。




 書籍『レガシー・カンパニー』シリーズの副題は、世代を超える永続企業 その「伝統と革新」のドラマ です。

『レガシー・カンパニー5』では、30社が取り上げられておりますが、創業65年の当社よりも遥かに長寿な企業様が多く、
14社が創業100年以上、うち4社が200年以上、最長は創業314年の大塚産業マテリアル株式会社様となっております。

長く続いてきている会社は当然ながら、バブル崩壊、リーマンショック、現在進行中のコロナ禍など、ほぼ10年周期で
起こる大きな不況の波も乗り越えてきております。
その過程において、ただただ伝統を守るだけでなく、幾度かの革新を成し遂げているものと思います。

当社に置きましても、社名では森川”ゲージ”製作所ですが、今現在ゲージの売上比は1%以下、
ものづくりに必須の測定、その測定の基本・基準となるゲージを作ることが出来る、という実力・プライドを持ち続けたい
という意味も込めながらも、実務的には、既にゲージ屋ではありません。
油圧機器の設計製造や船舶用ディーゼルエンジン機器の製造に主業を移しており、”森川バルブ”もしくは
”森川精密”と言ったほうが、実状に近くなっております。


時代の変化、市場の変化、お客様のニーズに対応し取り扱うモノは絶えずアップデートしていく。
しかし、核となる理念は全くブレていないもの、と自負しております。

発展途上中の当社ですので、この先に幾度も革新を繰り返す必要があります。
これまで当社をご支援・ご愛顧頂きましたご関係の皆様の尽力のうえに現在の当社があることを深く感謝し、
『変えるべきを変え、変えてはいけないことは変えない』 これからも肝に銘じて参りたいと思います。

今後とも宜しくお願い致します!


当社内、基礎技能の実技テストを行いました!


11月3日、得意先様からのお問合せなどが少ない祝日の出勤日を利用し、『安全知識』、『作図』、『測定』
といった基礎技能・知識を振り返り、さらに高めるための実技テストを行いました。

テストと言いましても、何かの合否を決めるものではなく、通常業務の中だけでは判別できない、
各自の現時点の実力、課題を洗い出すもので、今後の復習が大切と認識しています。

実務では作図や測定作業は行わない総務課員も含め、正社員全員参加にて実施しました。


『測定』テストでは、課題ワークに対して、測定方法も含めて考える必要がありますが、
各自の個性もありますし、進め方、使う測定器、測定方法は複数あります。
「どの方法が、真の値を、より正確に、より早く測れるだろうか、ベターだろうか」

もっと良い方法があるのでは? を 合理的に追求する姿勢を持ち続けたいと思っています。
お気付きの点がありましたが、是非ご指導・ご指摘お願い致します!


設計課M君、ご結婚おめでとうございます!


先日の10月25日大安、当社設計課・Mさんの結婚式・披露宴が行われました。
Mさん、Mさんご親族ご関係の皆様、おめでとうございました。心よりお慶び申し上げます。
(写真はMさんご了承のもと掲載しております)


今年は特殊事情の年、警戒モードでの挙式・披露宴ということもあり大変な気遣いを要した
と思いますが、だからこそ、強い絆で結ばれた、新郎新婦の心からの笑顔は格別でした。

20代、30代、結婚適齢期の社員も多く、昨年は2組、今年も2組の夫婦が誕生しております。

ワークライフバランス とよく言われますが、
プライベートを充実させるためにも、やりがいや成長実感を伴った充実した業務時間を過ごしてほしい。
業務時間を、気がそがれることなく集中したものにするためにも、プライベートも充実してほしい。

当社では、社員の皆さまの公私にわたる成長・向上を心より願っております!




松浦産業・松浦英樹様にアドレット納品頂きました。




感染症対策として、トイレのフタを閉めてから流すことで菌やウイルスの
飛散を防ぎ、糞口感染予防となるそうです。

尚且つ、抗菌・抗ウイルス機能のあるシートをフタの裏に貼っておくことで、
便器内に閉じ込めた菌やウイルスの繁殖を抑える、
コロナ禍の中、当社で出来る範囲の対策として取り組んできましたが、
導入から6ヶ月が過ぎ、このたび更新しました。

抗菌・抗ウイルスシート『アドレット/ADLET』の販売元である、
松浦産業・松浦英樹副社長がご来社、納品および各種アドバイスを頂きました。

フタをしないとどれだけウイルス類が飛散するか、の指導、アドレットに
どのくらい抗菌・抗ウイルス機能があるのかリトマス試験紙で実演
(PHは12~13の強アルカリ!)、短い時間の中で熱く、楽しくアドバイス頂きました。

依然としてコロナ禍の抜け口は見えておりません。
もちろん、アドレットだけではなく、手洗い・うがい、マスク常時着用、
その他、出来ることをしっかり実践する、それしかありません。

当社のご関係の皆様が、とにかく健康で過ごせますことを祈念しております。