脈々と受け継がれる優れた技術の継承と
さらなる高精度の追求を

社会人として、人として、成長していく上での、森川ゲージ製作所の考えを示すものです。
ピラミッドの高さは習熟力を表し、大きさ(面積)は、人間力を表します。
基本、習熟、応用というプロセスを踏むことで人間力を高め、ホンモノにたどり着くことを目指します。

※当社で使う“習熟”の意味とは…
各自の力量に合わせて、できることから確実にきちんとやっていくこと。一足とびをめざすのではなく、一歩ずつ、一段ずつ確実に。
何度やっても同じように良いモノができるように。そして、一段登ればまた一段、習熟に終わりはない。だから、基本。基本を大切に。分かったつもりになるな。手で触れて、感じて、やってみて、身につけること。

当社では『技術』と『技能』は両輪、技術偏重ではなく人の手に宿る『技能』も大切にしてきました。
創業者から現在まで、技術・技能教育に多大なコストや時間を掛け続けてきました。風土といえます。
「ものづくりはひとづくり」といいますが、その志を持ち続けるのは、なかなか難しいことではないでしょうか。利益追求だけでなく、人財育成による社会貢献を真摯に考えています。

全国大会にて、国内の電機・電子・自動車関係トップメーカーに混じり、ローカルの中小企業である森川ゲージ製作所も同じ土俵で対等に勝負、孤軍奮闘しています。全国大会でも標準時間内で組立完成出来るレベルにまで向上しています。香川県という地方のさらに三木町という郊外にあっても、世界トップとの差や距離感を常に意識しています。

名誉社員 久保秀夫 平成4年「現代の名工」・平成9年「黄綬褒章」受章

  • 高度熟練技能者 5
  • 全技連マイスター 1名(香川県内初、全国で4人目)
  • 職業訓練指導員免許取得者 延べ9
  • 技能検定合格者・・・特級2名 1級:延べ 16名 2級:延べ 29
技能検定 1級
  • 機械組立仕上作業:6名
  • 普通旋盤作業:2名
  • 油圧装置調整作業:2名
  • 機械製図作業:2名
  • 数値制御旋盤作業:2名
  • 機械検査作業:1名
  • 機械保全:1名
技能検定 2級
  • 機械組立仕上作業:9名
  • 普通旋盤作業:4名
  • 油圧装置調整作業:3名
  • 機械製図作業:2名
  • 数値制御旋盤作業:3名
  • マシニングセンタ:1名
  • 機械検査作業:6名
  • 機械保全:1名
  • 非破壊試験技術者(磁粉探傷試験:レベル1):2名
  • 品質管理検定 3級以上取得者:31名

(2017年4月1日現在)

検定合格、資格認定には相応の試行錯誤が必要で、その過程にこそ意味があります。あくまで「教育の一環として」、技能検定、技能五輪・グランプリ参加を推奨しています。