ホーム › コアバリュープロジェクト

コアバリュープロジェクト

コアバリュー再構築プロジェクトとは

永続的に発展し続ける会社には3つの特長があると考えます。

1. ビジョン、理念がある
2. 人材育成に本気で取り組んでいる
3. イノベーション。リスクを恐れずトライしている

これまでも、そしてこれからも社会に対して高い付加価値を提供していくために、変えなくてはならないことと
変えてはならないことがあります。

いま最も大切なのは、その理念とビジョンを明確しに、さらには社員一人ひとりがそれを理解し、共有できる仕組みを作ることではないかと考えました。

その中で生まれたこの「コアバリュー再構築プロジェクト」は、まず「理念」があり、それを具体化するための「方針」があり、そしてそれを日常の行動まで落とし込んだ「指針」の3階層で構成されています。

社員は常にこの構成をまとめたカード(Core Value Card)を携帯し、自身の行動に当てはめることによってより誇り高い仕事ができるものと考えています。

またひとつ深化した森川ゲージ製作所にご期待ください。

理念


理念

社会

社会に対するわたしたちの責任は、自ら楽しみわくわくしながら、「時代」を一歩先取りするホンモノづくりを通じて、安全・安心でより豊かな暮らしの創造に貢献することを誇りとすることです。

顧客

顧客に対するわたしたちの責任は、どんな困難な課題にたいしても「できない」を前提にするのではなく、どうすれば「できる」のか、代替案はなにかを常に考え抜き、挑み続けることです。

社員

社員に対するわたしたちの責任は、「できない」が「できた」ときの無上の喜びと自分に対する自信を持ち続けられるよう積極的に働きかけ、支援し続けることです。

方針


方針

MGWピラミッド

社会人として、人として、成長していく上での、森川ゲージ製作所の考えを示すものです。
ピラミッドの高さは習熟力を表し、大きさ(面積)は、人間力を表します。
基本、習熟、応用というプロセスを踏むことで人間力を高め、ホンモノにたどり着くことを目指します。

指針

組織の心得

まず安全最優先、次に高品質の確保、最後に生産性を高めて一人前

上司の心得

まず率先垂範し、次に傾聴・支援し、最後に人を育てて一人前

部下の心得

まず納期厳守し、次に発言・行動し、最後までやり遂げて一人前

プロの心得

まず現状不満足、次に顧客の期待を超え、最後に心から楽しんで一人前

オフサイトDH・DYミーティング

コアバリュー再構築プロジェクトの一環として、「オフサイトDH・DYミーティング」というものを行っております。

理念が浸透するには、3つの本質が必要であると考えました。


1.毎日 2.継続 3.対話

近道や効率化などはなく、地道な活動が必要です。

当社では理念浸透の仕組みとして、「オフサイトDH・DYミーティング」を行っています。
オフサイトミーティングとは、仕事外で気楽にまじめな話をすることです。

DH・DYとは、

  • DH:どなんかするを誇りに / デイリー・昼 の略をかけたもの
  • DY:どなんかできるを喜びに / デイリー・夕

毎日、昼:DH、夕:DY の2回、社内6つのグループに分け、当社全社員に配布したCore Value Cardの中から1つキーワードを選択し、自分にベクトルを向け、1分間の持ち時間で発表しています。


DH・DY風景


DH・DY風景


DH・DY風景


DH・DY


DH・DY風景


DH・DY風景


このページの先頭へ

Copyright © MORIKAWA GAUGE. All Rights Reserved.